<< 野菜プロジェクト近況 徳島新聞に掲載されました >>

とくしまの野菜を送ろうプロジェクト

とくしま吉野川支援の輪では、現在東松島市の避難所を継続的に支援しています。

6月2週目に泥かき作業に現地に行った際、避難所にもおじゃましました。

避難所の中には初めて入りましたが、体育館そのものでした。
木の床にぎっちり毛布を敷き詰めてあって、間仕切りはなく、
個人の荷物を詰めた段ボールがあちこちで積み木みたいに重なっていました。

「遠いところからありがとね~」「写真やお手紙、うれしかったよ~」
と繰り返し、言われました。

その時にいろいろお話しして感じたのは、
いまの先が見えない状態の中では、
たとえ手元に少しお金が入っても心理的に物が買えないということです。

ドライヤーが欲しいけど、なくてもどうにかできるから買わないの。
冷たいお弁当ばかりでしんどいけど、食べてなくなるものにお金はかけられない。
・・・そんなことをお話されていました。

先日のミーティングでその話をしたところ、
早速、第1弾としてメンバーで持ち寄った野菜を送ることになりました。


持ちよった野菜と一万円ほど買い足したものを、20日のうちに東北に向けて発送しました。

クール便だとトマトなどもOKということなので、次回からは葉物なども送れます。
その時々で必要なものを聞いて送るようにしたいですね。

21日、「野菜が届きました」と連絡がありました。
かぼちゃ、なす、とうもろこしがめずらしいらしく、
「どうやって料理しようかとワクワクしながらみんなで話ししてます」ということでした。

じゃがいも1箱、たまねぎ1箱、ごぼう、にんじん、だいこん、きゅうり、きゃべつ、すだち、いりこ1箱、だしの素、うめぼし、らっきょなどなど9箱を送りました。

仮設住宅は建ちはじめていますが、まだ避難所生活も当面続きそうです。
この野菜プロジェクトも継続したいと思います。
[PR]
by yoshien-wa | 2011-06-22 11:33 | 野菜プロジェクト
<< 野菜プロジェクト近況 徳島新聞に掲載されました >>